ホーム 留意事項 検索 管理
おなまえ
e-mail
タイトル
メッセージ
参照先
削除キー (英数字で8文字以内)  情報保存
[28] スカボローフェア?
スカボローフェアの文字が見当たらないのですが、続けますよね??
user.png 植 栗 date.png 2020/05/28(Thu) 15:56 | 返信 | 削除 |
[27] Re:[25] アルカスホール再開のお知らせ
ありがとうございます
6月20日参加出来ると思います
user.png Kawakami date.png 2020/05/28(Thu) 12:08 | 返信 | 削除 |
[26] Re:[25] アルカスホール再開のお知らせ
練習日及びホールの注意事項了解です。ありがとう。
user.png 西村 date.png 2020/05/27(Wed) 22:01 | 返信 | 削除 |
[25] アルカスホール再開のお知らせ
この掲示板を全員が見て頂いている事と思い、連絡です。
6月の練習日は予定通り20日(土)です。(17日ではありません)

ホールは以下の事を注意事項として守るよう求めています。
①原則としてマスク着用
②各自で手指の消毒を励行
③発熱の無い事
④3密を避ける為、各施設の定員を1/3程度とする。(その為今後は練習室のみの
 使用となります)

今後、練習室の予約が殺到する事が予想されるので、高落君が7、8月の練習室の
予約をとってくれました。7/19、8/23 いずれも日曜日です。
事後報告となりましたがご了承下さい。

今後の練習は「カノン」「海が見える街」が中心となりますが、20日当日に話し合ってはと
思います。
練習後の会食も高落君が予約を入れていますので久々に……
user.png 原修一 date.png 2020/05/27(Wed) 20:18 | 返信 | 削除 |
[24] アルカスホール
アルカスホールは6月1日から再開のようですね。我々の練習も現状では17日から再開可能でしょうか、ご確認下さい。練習曲目は「カノン」「海が見える街」「亡き王女のためのパバーヌ」で良いでしょうか?
また、練習後の「会議」も可能かな?可能であれば会場予約お願いします。
「カノン」1st 何度練習しても指がおっついて行きません~🥴
user.png 西村 date.png 2020/05/27(Wed) 15:13 | 返信 | 削除 |
[23] Re:[21] 楽譜
承りました。
1,2巻を持ってまいります。
5月末でホールの利用制限が解除されます様に!
user.png 原修一 date.png 2020/05/23(Sat) 16:00 | 返信 | 削除 |
[22] Re:[21] 楽譜
原君、了解です。
ところで、先日頂いたCDの中の「風笛」と「星の散歩道」の楽譜を次回にでもコピーとらせていただければ嬉しいのですが~ 
user.png 西村 date.png 2020/05/22(Fri) 23:01 | 返信 | 削除 |
[21] Re:楽譜
残念ですが持っていません。
実のところ、最近まで知りませんでした。先日皆さんに差し上げた2枚のCDに有りましたが、楽譜はハ長調の物です。
user.png 原修一 date.png 2020/05/22(Fri) 20:34 | 返信 | 削除 |
[20] 楽譜
「コロナ」は落ち着いてきているので6月20日の合奏練習は出来ればいいですね。
ところで、どなたかHandelの『Lascia Ch'io Pianga (私を泣かせてください)/Aria from Rinald)』のJean Marie Ramond(ジャン・マリー・レーモン」編曲版の楽譜を持っておられる方いませんか? デンマークのギタリストのPer-Olov Kindgren氏の編曲楽譜は持っているのですが、レーモン氏のバージョンも試してみたいので~
user.png 西村 date.png 2020/05/22(Fri) 11:24 | 返信 | 削除 |
[19] 近況
私の場合は大概飲んでいないのですが、みなさんと早く会いたい!ですね。
永らく頓挫していた事が多くあり、それを再開させる事で結構楽しんでいます。
特にギターの再塗装については、のんびりしていると弾けなくなってやっと完成し、斎場へそのまま持っ
て行かれそうなので少々焦っています。塗装の種類さえ決まれば簡単?ですが、その前の塗装を剝がす作業に手間取っています。もう少しです.....

永い間、合奏が無かった事もあり、これを機会に爪のカット、ギターの構え方を色々試してみました。
これからの内容は、いつもの勝手な独断として読んで下さい。
今は7フレット辺りが肩の位置に来ています。鏡を見るとかなり立っています。それにより感じた点は以下の通りです。
①左手が身体に近くなり、押弦や肘の動きの自由度が上がります。(腕がより近くに有ることが肩への負担を軽減し、手首そのものの動きが楽になります)
②右手の角度がそれにより変わり、手首の負担が軽くなります。(これには当然爪のカットも変えなければなりません)

少し前から練習していた曲で、和音のつながりがスムースに運べなかった箇所が、少しですが改善出来たと感じています

人と比べて、手が小さく、骨折したハンデを考えると腕や肘を前後左右に動かすことでカバー出来ることが増えるのではないかと考える様になりました。従来は無駄な動きを無くす事が重要と考えていたのですが、そうではなく積極的に動かすのが自分に必要な事と思えるのです。これで少しでも弾ける様になるのは嬉しく、楽しい事です。
user.png 原修一 date.png 2020/05/21(Thu) 01:35 | 返信 | 削除 |

- ASKA BBS -